《Staff blog》最後尾からあらためて

ご無沙汰しております。サイクリスト事務員です。

平成31年4月7日、伊豆修善寺の日本CSCで行われた、第44回チャレンジサイクルロードレースに出走してまいりました。

このレース、昔から日本アマチュア自転車競技連盟登録競技者になるための登竜門で、周回遅れで失格する選手が続出するハードなレースでしたが、今はさらにレベルアップされ、登録競技者が、全日本選手権出走をかけて戦うレースに進化していました。

私が出走したのは、B-50という50歳代のクラスで、日本CSC5kmサーキットを3周弱の14kmで競われるものでした。

21人出走で、JCF(日本自転車競技連盟)に登録している選手が11人もいました。スタートラインに並んで、こりゃ場違いだなと正直思いました。

たった14kmと思われるかもしれませんが、ロードバイクトレーニングをしていない普通の人がこのコース一周5kmを回るのに、40〜50分かかるという、おそろしく上り坂がキツイコースなのです。一番勾配がきついところでは,ほとんどの人が自転車から降りて押して上がっていますね。

このレースに向けて、3月中は必死に練習しました。周回遅れで失格になるのが嫌だったのです。

↑最近の練習場所は彩湖です。無茶な練習をしても、ただ疲労が蓄積されただけで、進歩はありませんでした。

こうして迎えたレースですが、50歳代なのにみなさん20歳代と思えるくらいに速かったです。あっという間に最後尾へ。周回遅れにならないように頑張りましたが、一周12分台をキープするのがやっとでした。トップの選手は一周9分台で回っています。

審判車(オートバイ)に失格と言われないかビクビクしながらなんとかゴール。先頭の選手がすぐ後ろまでくると,抜かれるまでもなく失格になります。最下位でしたが完走です。

でも、自分のやるべきことが見えてきました。目標を全日本選手権出走権がかかる登録クラスで走ることに置きたいと思います。

自分に縁のある若者が、若い頃の自分の夢だった全日本選手権(私が20歳代当時は、アマ車連主催の全日本選抜選手権。アマ車連は競輪選手も含まれる日本自転車競技連盟に合流してしまいました)出走を果たしてくれないかと思っていましたが、人任せでなく、自分の夢は自分で追うことにしようと思いました。全日本選手権出走は無理としても、全日本出走資格を得るトライアルレースの出走まではたどり着きたいです(´・∀・`)

〔lawyer’ blog〕✍ 自分が差出人になった宅配便

先週の木曜日のこと。自宅の郵便受けにクロネコヤマトの不在連絡票が入っていました。どこからの荷物かなと差出人をみると「野本夏生 様」となっています。はて? 最近,外出先から自宅に向けて荷物を送ったことなんかあったかなと考えてみたのですが見当がつきません。きっとドライバーさんが届け先と差出人とを間違えて連絡票に書いてしまったのだろうと思いながら再配達の手配をし,土曜日に荷物を受け取りました。裁縫箱を少し大きくしたようなハコ型の荷物。割れ物注意のシールが貼られています。差出人をみるとやはり「野本夏生」?? 自分の字よりもかなり上手な筆致で書かれています。うーん,なんだか気持ち悪い… 恐る恐る包装を解いていくと,中から出てきたのはこちら。京都市役所近く,寺町二条にあるお菓子屋さん,「村上開新堂」の箱詰めクッキーでした。

実は,昨年11月,洛東・毘沙門堂や嵐山の紅葉を見ようと妻と二人で京都を旅したのですが,その時,京都市役所近くのこのお店に行き,クッキーを注文していたのでした(字がきれいだったのは妻が書いたから)。京都の村上開新堂さんは,常連さんからの紹介がないと買うことができない東京・千代田区一番町の同じ名前のお店とは違い,マドレーヌやダックワース,名物のロシアケーキといった焼き菓子であればその場で買うことができます(個数の制限はあったかも…)。ただ,クッキーだけは要予約となっていて,店頭で注文をして後日自宅に送ってもらうことはできるのですが(紹介がなくても大丈夫,注文できます。),家族経営の小さなお店でありながらたいへんな人気店ということで,お届け日は何と4か月先になってしまうのです。そんなこともあって,自宅用にこれを注文していたことが頭の中からすっかり抜け落ちていたという次第。でも,思いがけないお届け物ということで,ちょっと得をしたような気分にも(!?)。昨年の旅行のことを想い出しながら(河原町の喫茶店「フランソワ」にも行きました。),しばらくこのクッキーを楽しみたいと思います。

 

〔lawyer’ blog〕✍ 世界フィギュア

年度末の3月はタダでさえ慌ただしいのに,個人事業主にとっては確定申告という別の“苦行”が待っています。普段から資料整理を心掛けておけば何てことはないはずなのですが,どうせお金を納めるだけなんだからと考えてしまうと手が止まってしまいがち。届いていたはずの生命保険料の控除証明書が見あたらない,クレジットカードの利用明細をネットで取ろうとしたら1年前までしか取ることができないなど,今年もドタバタしてしまいましたが,何とか期限内に申告を終えることができました。

ほっとしたところで,連休の合間,さいたまスーパーアリーナで行われた“世界フィギュアスケート選手権”を見に行ってきました。海外歌劇団のオペラ公演並みのチケット料金に驚きましたが,世界フィギュアの日本開催は5年振り,次のチャンスがいつになるかわかりません。ブレイク中の紀平梨花さんの演技も見ておきたかったので,思い切って購入しました。フィギュアスケートの生観戦は初めて。リンクサイドからちょっと離れた席で,選手の表情はオペラグラスを使わないとわかりませんでしたが,スケートのエッジが氷を削る音が時折聞こえてきたりして臨場感は十分でした。

びっくりしたのは女性の観客の多さ。8割近くが女性で,年代も10代から60~70代まで様々。“お一人様観戦”らしき人もたくさんお見受けしました。さらに,彼女たちの“フィギュア愛”の深さには驚かされました。どの国の選手でも良い演技をすればスタンディング・オベーション,惜しみない拍手を送り,ミスをしてしまった時には一緒になってがっかりする。わずか数分の演技にすべてを賭ける選手たちの想いをしっかり受け止め,これに声援で応える彼女たちの姿は,日本選手の活躍だけを殊更に取り上げるメディアの姿勢とは全く違っていました。また,機会があったらフィギュア観戦,してみたいと思います。

 

 

 

 

〔lawyer’ blog〕✍ モーニング・コンサート

東京での朝一番の仕事を終えて,次の示談交渉の仕事まで少し時間が空いたので,久しぶりに芸大奏楽堂のモーニング・コンサートに行ってみました。芸大の各専攻科から選抜された学生がソリストとなって藝大フィルハーモニア管弦楽団と共演するというこのモーニング・コンサート。昔は上野駅で乗り換えをする時,ちょっと時間があるなと思ったらたまに聴きにきたものでしたが,上野東京ラインができ,上野駅が通過駅になってしまってからは,すっかり足が遠のいていました。一昨年から加わった原発避難者訴訟の弁護団事務所が上野にあり,また上野駅で降りる“クセ”がついたので,手帳にコンサート・スケジュールをメモしていたのですが,なかなかチャンスがありませんでした。

今日の演奏会は2018年度の最終回。穏やかな良い天気で,演目も人気のラフマニノフのPコン3番ということで,当日券はまさかの完売。ダメ元と思って並んでいると,開演直前になって30席だけ追加販売があり,26番目で運よく入ることができました。沼田昭一郎くんのラフマニノフ,舞台に姿をみせた時は,華奢でちょっと頼りなさげに感じたのですが,いざ演奏が始まると別人のような力強さ。テクニックも抜群で圧巻のラフマニノフでした。昨年,藝大クラヴィーア賞を受賞したというのもうなづけます。

コンサートは2つのコンチェルト(沼田くんの前に藤田麻里奈さんのグレンダール:トロンボーン協奏曲の演奏がありました。)を休憩なしでやったので1時間余りで終了。あっという間ではありましたが,平日の昼間にこれだけの演奏を聴くことができて大満足。

コンサートの帰り,大学会館前の庭を歩いていたら,梅の花がきれいに咲いていました。もう春がそこまで来ているようです。

 

 

 

 

〔lawyer’ blog〕✍ 何という試合! 

気がついたら1月も残すところ1週間。新年になってからブログを更新しないまま3週間も過ぎてしまいました。といってもボーっとしていたわけではありません。2日の夜から3日にかけて「当番弁護士」の待機日。いつ出動の要請があるかわからないため,遠出をすることはできませんし,かといってお酒を飲みながら箱根駅伝をテレビ観戦するというわけにもいきません。4日に勾留満期を迎える被疑者国選弁護の事件も抱えていたため,正月気分を味わうことなく,なし崩し的に新年の仕事をスタートさせたのでした。

猪年なのでこのまま突っ走ろうかと思っていたところ,先週末に風邪をひいてしまってあえなくダウン。鼻水をすすりながら見たのが全豪オープンテニスです。グランドスラムの5セットマッチ,3時間を超えることも珍しくない男子の試合となると,試合開始からゲームセットまで通しで見ることなど滅多にありません。でも,風邪で思考力が著しく低下してしまってはほかにすることもなく,ソファーに横になりながら,WOWWOWで何試合か見てしまいました。フェデラーとツチパスの新旧対決は見応えがありました。10数本あったブレークポイントを凌ぎ切り,サービスゲームをすべてキープしてフェデラーを倒したツチパスのプレーの質には正直驚きました。ズベレフ,ティエム,ティアフォーなどの次世代エース候補の中から頭一つ抜け出したように思います。ネットプレーがもう少しうまくなれば,近い将来,間違いなく4大タイトルを手にすると予想します。甘いマスクで人気も出そう。

しかし,何より興奮したのは錦織圭とブスタの試合でした。2セットダウン,第3セットもタイブレークまで追い詰められましたが,そこを何とか切り抜け,2セットを挽回。ファイナルセットでは,ここを取れば勝利という第10ゲームのサービスゲームをブレークされる嫌な展開になり,10ポイント先取のタイブレークに入ってからもミニブレイクを先行され,5-8と3ポイント離された時はここまでかと思いました。そこから粘って5ポイントを連取するとは! 一昨年,右手首の腱を部分断裂するという大けがを負った時には,もう彼にはグランドスラムのタイトルを取るチャンスは巡ってこないのではないかと思っていたのですが,けがからは完全に復調し,体もひと回り大きくなったような気がします。弱点だったサーブもずいぶんと強化され,サービスゲームを安定してキープできるようになったのは大きい。今年は,もしかすると,もしかするかもしれません。錦織くんのプレーに熱中するうち,風邪はすっかりよくなったようです。

〔lawyer’ blog〕✍ 平成の終わり

来年5月,明仁天皇が生前退位されるということで,ここのところ“平成最後の”が続いています。元号については色々な意見がありますし,仕事をしていると西暦使用に統一してもらいたいと思うことが多いのですが,時代や世代の区切りとして使われる分には便利な面もあるような気がします。あと4ヶ月で平成も終わり。私にとっての平成は,放送局勤務から始まり,司法試験,司法修習を経て弁護士として活動をしてきた時代。20代半ばからの30年,色々なことがありました。

生前退位を控えた明仁天皇の先日の記者会見には考えさせられるものがありました。象徴天皇を受け入れてくれた国民やそれを支えてくれた皇后に感謝するとありましたが,“君主”とも“元首”とも違う,“象徴天皇”というこれまでにない地位をどのように受け止めればよいのか一番悩んだのは,敗戦時,11歳の少年だった明仁天皇ご自身ではなかったでしょうか。戦前,幼少の皇太子がどのような教育を受けていたのかは余り明らかにされていませんが,戦後,家庭教師のヴァイニングや小泉信三から受けた教育とは全く別物であったであろうことは想像に難くありません。明治憲法(大日本帝国憲法)から日本国憲法へと憲法が変わり,統治権の総覧者として神聖不可侵の地位にあった天皇は,日本国,国民統合の“象徴”へと置き換えられました。象徴とは何なのか,象徴天皇の果たすべき役割は何なのか。ひたすらにそのことを考えながら「旅」を続けてこられたのだと会見を見ていて感じました。

学生時代は,天皇制と民主主義,国民主権とはおよそ相容れないものと考えていました。しかし,民主主義も万能ではなく,君主的な存在がプレビシットによる独裁をけん制するということも世界では現実に起きています。平成後期の日本もそのような時代として後世では評価されることがあるかもしれません。そんな平成も残すところあとわずかです。

〔lawyer’ blog〕✍ 富岡町の現在(いま)

1月ほど前のことになりますが,福島県双葉郡にある富岡町に行ってきました。担当している原発避難者訴訟の原告の皆さんが事故前に暮らしていた町です。弁護団では,裁判所に被災地まで足を運んでもらい,被害の実態を見てもらうことを計画していますが,その準備のための視察でした。

富岡町は,帰還困難区域に指定されている一部を除いて,昨年4月1日に避難指示が解除され,町の中に人が自由に立ち入ることができるようになりました。視察の出発点にしたJR富岡駅は,駅舎も新しくなり,駅前ロータリー,公衆トイレも整備され,近くにはビジネスホテルもオープンしていました。国道6号線はひっきりなしにトラックが行き来し,町の中心部に作られた複合商業施設「さくらモールとみおか」も多くの人で賑わっていました。しかし,目にする人の多くは作業服を着た人たち。地元の人を見かけることはほとんどありません。特に子どもたちの姿は町のどこにもありません。帰還困難区域と接している富岡町には,放射線量の高い地区がまだまだたくさんあり,帰還した人口は事故前の5%前後,子育て世代はほとんど戻っていないのです。巨額の予算が投じられ,様々なインフラが整備されてきてはいますが,真の復興にはほど遠いのが現状です。

バトミントンの桃田賢斗選手の母校,県立富岡高校に行ってみると,校門の脇には彼もメンバーの一人となっていた平成22年度のインターハイ出場を祝う看板が今でもそのままになっていました。富岡第二中学校の体育館は,あの年の3月11日,卒業式の後片付けもできないまま避難所となり,翌12日には原発事故で全町避難が指示されたため,今でも卒業式当時のままとなっています。この町では7年半前のあの時から,時計の針は止まったままなのです。

〔lawyer’ blog〕✍ 師走となりました

早いもので今年も残すところ3週間余りとなりました。事務所を開設したのが2017年1月ですから,まもなく丸2年ということになります。ずっと走り続けて何とかここまで来た感じがします。

10月以降,担当している案件で証拠調べの手続が相次ぎました。尋問を成功させるには,事案の内容,お互いの主張,法律上の争点などを頭の中にきちんと整理して入れておくことが最低限必要になります。証人が予想外の証言をし始めたりすることもあるので臨機応変の対応も求められます。弁護士にとってはかなり負担になる作業です。

土曜日の昨日,この少々疲れた頭と体をリフレッシュさせようと,サンドウィッチと紅茶を入れた水筒を持って散策に出かけてきました。こちらの風景,まるでカナダか北海道といった感じですが,実は都内葛飾区にある水元公園です。JR金町駅から徒歩10数分。スカイツリーもすぐ近くに見えるようなところにこれだけの公園があるとは最近まで知りませんでした。ポプラ並木の黄色の葉はもう散ってしまっていましたが,名物のメタセコイアの赤はまだ十分に楽しめました。今年は記録的な暖冬なので,もしかすると年末まで大丈夫かも。おすすめです。

さぁ,気分を新たにしたところで,年末までもうひと頑張りしようと思います!

 

〔lawyer’ blog〕✍ 江戸一(えどいち)

小春日和の平日,交渉案件の打ち合わせをするため,依頼者のご自宅を訪問しました。東京と埼玉とが入り組んでいる地域で,車で移動していくと地名がどんどん変わっていきます。住宅が密集しているのですが,その中を小川が流れ,水車もあったりして,ちょっと不思議な場所でした。

依頼者のお宅の庭には柿の木が数本植わっていました。どの木の枝にも柿がたわわに実っているのですが,その形は木ごとにちょっと違っています。依頼者の叔母にあたる方がお好きだったそうで,すべて違う種類の柿の木が4本植えられていました。平たい次郎柿は私も知っていたのですが,縦に少し細長い実の方はわかりません。『江戸一』(えどいち)という百匁柿の枝変りの柿なのだそうです。細長い柿は渋柿という先入観があり,「甘いのですか。」と思わず口にしてしまったところ,「ええ,甘いですよ。持って行ってください。」と枝からたくさんの江戸一を捥いでくれ,袋に詰めて渡されてしまいました。その日は午後から東京地裁で証拠調べ(証人尋問)の期日が入っていて,大量の柿の実を法廷に持ち込むというわけにもいかず,いったん日比谷駅のコインロッカーに預けることに。スーツ姿で大量の柿の実をコインロッカーに押し込もうとする姿は少し怪しかったかも(笑)。

無事に証拠調べを終え。ロッカーから取り出した江戸一を家にしっかり持ち帰って,早速,食べてみました。富有柿などと比べると水分が少なくて,ちょっとモサっとした食感はするのですが,素朴で十分な甘さがありました。ごちそうさまでした。

〔lawyer’ blog〕✍ 珈琲が美味しい季節

ここのところ,朝夕はかなり冷え込むようになりました。陽射しがある日中は半袖でも大丈夫なくらいまで気温が上がるものですから,どうしても体調管理が難しくなります。“病は気から”と言いますが,私はまさにそのタイプ。風邪がはやってますよと聞いただけで,何となく寒気がしてきたように感じてしまう…(笑) 先週はずっと鼻風邪気味で往生しました。

羽織るものが欲しくなってくるこの季節になると温かいコーヒーが飲みたくなります。コーヒー好きという訳ではないのですが,それでも,この季節になると1日に2杯は飲むでしょうか。大宮の交通事故紛争処理センターで仕事がある時には,素敵なご夫婦がやられているこちらの喫茶店に立ち寄るようにしています。自家焙煎した豆で淹れたコーヒーの香りが素晴らしく,また,味のほうも流行りのサードウェーブ系のお店とはちょっと違ってしっかり目。とても気に入っています。

もう一軒,最近,事務所から川口簡易裁判所の方に少し寄った住宅街の中に焙煎工場を見つけました。外観は何かの事務所みたいなのですが,中に入ってみると数十種類の豆が売られていてびっくりしました。こちらのお店,70年近く前に麻布で創業し,昭和47年に川口に移ってきたのだそうです。ドリップバック入りのコーヒーもかなり種類がありますし,1杯用のドリップバックも売っているので,飲んだことのない豆を少量挽いてもらって持ち帰るのもなかなか楽しいです。