サイクリスト事務員のスタッフ・ブログ

記事一覧

《Staff blog》ロードレースへ復帰した感

お久しぶりのサイクリスト事務員です。

7月7日、筑波サーキットで「9極の9耐」と銘を打たれた自転車ロードレース大会が開催されました。メインレースは9時間耐久レースですが、私は昨年同様、100kmチャレンジのカテゴリーに出走しました。

青一色のジャージが私です。

筑波サーキット一周2.07kmを49周、101.43kmを戦った結果、2時間45分33秒で完走しました。先頭との差は21分45秒。出走者115人中48位です。昨年のタイムが3時間44分40秒でしたので、59分07秒縮めたことになります。

昨年は8月5日開催で、炎天下の中での戦いでしたが、今年は曇り空で気温も27度程度でしたので、ピットに戻って補給することなく走りきりました。

今年の目標は、当初から3時間を切ることでした。100kmを3時間切って走るには平均速度33.4km/h以上で走り続けなければならず、ピットに戻って補給することは捨てなければなりません。ただ、最近中途覚醒に悩まされて、睡眠が十分取れていませんでしたので、ノーピットインは無理かなと思い補給食をドッサリ持っていきましたが、走る前と走り終わってからの2個しか使いませんでした。

今年、平均速度36.76km/hで走ることができたのは、トップ集団からとり溢れた小集団に混ざっていたからです。

自転車競技は空気の壁との戦いでもあります。単独で101.43kmを35km/hを維持して走ることはなかなかできないことです。先頭を交代しながら空気抵抗を分担することで高速の巡航を維持することができます。昨年はほぼ単独で走っていましたから、4回もピットインし、平均速度は27km/hでした。

今年は小集団の中にいて、自分も度々頭を引きました。そのことでレースを楽しめましたし、若い時期、すべてを注ぎ込んだ自転車ロードレースに、本当の意味で復帰した感じがしています。

チームメイトのT君(19歳)も同時に100kmチャレンジに出走しました。彼は今年の2月からロードバイクに乗り始めたのですが、私よりわずか53秒遅れでゴールしました。若いとはそれだけですごいことですね。でも、まだ負けるわけにはいきません。

昨年は、ゴオオオという感じで抜かされていた先頭グループも、今年はジワジワ抜いていく感じで、どんな人が先頭を走っているのか観察することができました。ここまできたからには、来年は先頭集団で戦い、勝負に絡めるように、また一年間練習を積み重ねていこうと思います。

レース中、声援を送り続けてくれた友人と娘に感謝します。声援は力になりますね!

《Staff blog》「奨学金 借りるとき返すときに読む本」

平成28年の日本学生支援機構の調査では,奨学金の借り入れ率は4年生大学で48.9%,短期大学で52.2%に上ります。

学業を修める上で重要となっている「奨学金」を借り入れる上で,借入金額や利率・返済について,日本学生支援機構の冊子を読んだだけでは,実態をなかなか把握できないのではないでしょうか。

本年1月,以前私が所属していた埼玉総合法律事務所の,鴨田譲弁護士が事務局長を務める埼玉奨学金問題ネットワークから『奨学金 借りるとき返すときに読む本』(弘文堂)が出版されました。

主に、最も利用者の多い日本学生支援機構の奨学金について、借りるときに注意すべき点、返済が難しくなった際の救済制度、延滞するとどのようなことが起こるのか、実際の日本学生支援機構との裁判例などについて紹介しています。

定価1728円(税込み)のところ,なんと現在,埼玉総合法律事務所の受付で1500円で販売しております。

奨学金を借りようとしている方,すでに借入をされている方は是非お読みください。

(おかげさまで増版されました(*^_^*))

《Staff blog》 壁に向かって

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。サイクリスト事務員です。

 昨年末,最後の最後で風邪をひきました。2017年のロードバイク年間走行距離4000kmまで77km弱を残したまま,大晦日まで過ぎてしまいました。

 その大晦日に走り納めをしたのですが,この日はみぞれが降る寒さでした。日もあたらず,冷蔵庫の中を走っているような感覚でした。

 なんとか78.5kmを走り,2017年の年間走行距離4000kmを達成いたしました\(^o^)/

 2018年の走り初めは,1月3日に行いました。

           
 とてもいい天気でしたね。北風が強く吹いていましたので,往路,北に向かって走っているときは空気が大きな壁となって立ちはだかりましたが,復路は追い風となって快調に飛ばせました。

           

 川越市の入間川大橋からの撮影です。逆光写真で分かりづらいですが,富士山から奥多摩・秩父の山々が一望できます。

           

 入間川大橋の東詰が入間川サイクリングロードの起点となっています。ここから,11.72kmはノンストップ。平均速度は37km/hを上回りましたワーイε=ヾ(*・∀・)/

 人生は様々な壁を乗り越えていかなければなりません。今年の年間走行距離の目標を5000kmと設定し,達成できるように走り続けたいと思います。

 あっ,もちろん仕事も様々な壁を乗り越え頑張ります\\\٩( 'ω' )و ///

 

《Staff blog》✐ エアロバイクの効果

冬型の気圧配置になってまいりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか? サイクリスト事務員です。

長い雨で,10月の総走行距離が131.48kmで終わりました。どう見ても2日間の練習距離です。長い距離を乗る人ですと,1日で走りますね。

自称走り屋としては屈辱的ですウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

ロードバイクでより速く走るための一番の練習は,ロードバイクで走ること以外にありません。雨などで走れないときは,次善の策として室内ローラー台トレーニングがありますが,これは騒音と振動が発生するため,集合住宅に住んでいるとまずできません。

そこで,私が取り入れているのは,スポーツセンタートレーニングルームに設置してあるエアロバイクでのインターバルトレーニングです。

このようにモニターに,時間・負荷・回転数・脈拍数・消費カロリーが表示されます。画面切り替えで,走行距離と歩数換算も表示されます。

はじめの10分間は120w(ワット)の負荷で1分間80回転ほどで回し準備運動をします。

次に,負荷を220wまで上げ1分間100回転以上で回します。これを2分30秒続け,さらに負荷を250w(機械のMAX)まで上げ30秒間回します。これが1セット。

インターバルを3~5分間とり(回転数は90/分を維持),全部で5~7セットやります。セット数はそのときの体調によります。7セットやりますと,消費カロリーは600kcalを超え,へとへとになります。

500mlペットボトルの水を2本消費し,トレーニングシャツは汗でびっしょり。風景が変わらないので漫然と回していると30分もしないうちに飽きてきますが,インターバルトレーニングをすると60分間があっという間に過ぎます。60分で強制終了となり,1分間クールダウンをしてから止まります。

このエアロバイクトレーニングの効果ですが,最初は気休め程度かなと考えていましたが,一般道路をロードバイクで走るときのように信号で停まることがないので,回転力(ケイデンス)がかなり上がります。実走でも効果が実感でき,ペダリングが楽しくなります。

走行距離は35km前後を記録しますが,空気抵抗がないのでこれはまったくあてになりません。ローラー台トレーニングでも同じことがいえます。

トレーニングルームの中で,エアロバイクを1時間回している人を見かけたことはありません。私だけです。他の人は,バーベールやマシンを使い筋トレを主にしています(´・ω・`)

 

 

 

《Staff blog》✐ スピードアッププラン

今年何度目の雨期なのでしょうか。気温も下がり風邪をひきやすくなっています。皆さまどうか体調にお気をつけください。サイクリスト事務員です。

三連休は胃腸炎でロードバイクに乗れず,この土日も雨で乗れませんでした。10月の走行距離はまだ66km。

←ここは上尾から川越に入ったところにある入間川サイクリングロード入り口です。ここから南へ約10kmは,踏切一箇所・信号一箇所のみで,あとは続けて走ることができる区間となっています。最近の練習では,この区間をいかに速く走り抜けるかがテーマになっています。具体的には,追い風のときは35km/h以上で,向かい風のときでも30km/h以上で走ることです。

これからの季節は北から風が吹きますので,この区間は追い風になります。追い風を利用して,40km/hをキープして走れるようになりたいです。これが今後のスピードアップの鍵になるでしょう。

次にロードバイクに乗れるのはおそらく10月28日……(´・ω・`)

それまで,スポーツセンターのトレーニング室でエアロバイクを漕いで,心肺機能・回転力・筋力をキープしたいと思います。